1. TOP
  2. KUROJIRU(黒汁)
  3. 黒汁(KUROJIRU)の成分スゴすぎ!これで痩せないハズがないよね

黒汁(KUROJIRU)の成分スゴすぎ!これで痩せないハズがないよね

KUROJIRU(黒汁) この記事は約 10 分で読めます。 1,147 Views

黒汁(KUROJIRU)は、美味しく飲みやすいチャコールクレンズってだけでスゴいのですが、その成分を調べたらスゴすぎて驚きました!

これで痩せないはずがない成分の数々を紹介します。

黒汁(KUROJIRU・クロジル)の原料

クロジル(KUROJIRU・黒汁)は、ただのチャコールクレンズではありません。

ダイエットに必要なものを洩れなく配合したスペシャルなチャコールクレンズなのです。

黒汁(KUROJIRU)のこだわりポイント

① 3つの炭
② 9種の黒成分
③ 2種の乳酸菌
④ 250種以上の酵素
⑤ 難消化性デキストリン
⑥ こだわりの味

KUROJIRU美味しいチャコールクレンズはこちら

 黒汁 こだわりの炭とは

FABIUSの黒汁にはこだわりの3種類の炭が使われています。

それは、ヤシ殻活性炭、赤松炭、もみ殻由来の炭粉末色素の3種類です。

ここでは、それぞれの炭の働きを説明します。

ヤシ殻活性炭の働き

黒汁に配合されているヤシ殻活性炭

ヤシ殻活性炭は、ヤシの実(ココナッツ)の殻から作られた炭のことです。

ヤシ殻活性炭は、冷蔵庫の脱臭剤や浄水器に使われていることで知られていますね。

どんな炭も多孔質で不純物を吸着する力は持っていますが、ヤシ殻活性炭はその中でももっとも高い吸着力をもっているのです。

黒汁に配合されているヤシ殻活性炭が吸着するものとして分かっているのは、

1.有害ミネラル

2.胆汁酸

3.食品添加物

4.糖化産物

などなどです。

ここで疑問に思うのは、有害ミネラルを吸着するなら、有益なミネラルも吸着してしまうのではないか?ということですね。

黒汁のヤシ殻活性炭の穴が有害ミネラルだけを吸着するのは、ミネラルの分子の大きさに理由があります。

ヤシ殻活性炭の穴さは100ミクロン~1000ミクロンのミネラルだけを吸着できるのですが、有益ミネラルは、マグネシウムが24ミクロン、カルシウムは40ミクロン、亜鉛が30ミクロンと分子が小さいのです。

一方、有害ミネラルの方は、カドミウムが112ミクロン、セシウムは132ミクロン、水銀は201ミクロン、そして鉛は207ミクロンと、有益ミネラルに比べて有害ミネラルの方が分子が断然おおきいのです。

有益なものは通し、有害なものだけを吸着するヤシ殻活性炭はチャコールクレンズには必要不可欠です。

赤松炭の働き

FABIUSの黒汁に使われている赤松炭は、長野県分杭峠の赤松のみを使用して作られていまます。

長野県分杭峠は、ゼロ磁場地帯であることと、全国有数の長寿の里でもあります。

ゼロ磁場地帯は、地球のS極とN極の力が拮抗して打ち消し合っている場所のことで、気が満ちパワースポットと言われることが多い場所です。

諏訪大社や伊勢神宮、高野山などのパワースポットは、みなゼロ磁場地帯にあります。

ゼロ磁場で採れた赤松から作られた特別な赤松炭をFABIUSの黒汁は使っているのです。

赤松炭の特徴

1.体温上昇・・・体温が1℃上がると免疫力は5~6倍上がると言われています。さらに、基礎代謝は13~15%も上昇します。

例えば、30代女性の平均基礎代謝は1,144kcalですから、15%は171.6kcalです。

171.6kcalは、体重50kgの人が98分間のウォーキングで消費するカロリー量です。

体温がたった1℃上がるだけで、これだけ消費カロリーが増えるのはダイエッターにとってはこの上なく嬉しいことですね。

2.強力な油の吸着力・・・水80ccに大さじ1杯のラー油を入れた液体に、赤松炭を20分間浸漬させた試験ではほぼ全てのラー油を赤松炭が吸着するという驚異の吸着力を発揮しました。

もみ殻由来の炭粉末色素の特徴

1.卓越した活性酸素の除去能力

活性酸素を強力に除去するフラーレンは、ノーベル賞を受賞した成分です。

もみ殻由来の炭粉末色素は、フラーレンの約100倍もの活性酸素除去能力を持っています。

活性酸素は、カラダをサビさせることで知られ、細胞レベルでカラダを酸化させます。

老化のほとんどは活性酸素によると言われています。

その活性酸素をフラーレンやビタミンCよりも強力に除去する力がもみ殻由来の炭粉末色素にはあるのです。

2.血糖や中性脂肪を抑制する働き

血糖や中性脂肪の抑制は、血糖値の急激な上昇を抑え、インシュリンの分泌を抑制します。

インシュリンは胆嚢で作られ、栄養を脂肪に変えて蓄積します。

低インシュリンダイエットは、インシュリンの発生量の少ない食材(低GI値)を食べるダイエット方保うです。

もみ殻由来の炭粉末色素は、低GI値の食材を意識しなくても低インシュリンダイエットが実現するかも知れませんね。

KUROJIRU3種類の炭!美味しいチャコールクレンズはこちら

黒汁 9つの黒成分とは

薬膳では、黒い食べ物は心臓に良いとされています。

発行前の黄金生姜

1.醗酵黒しょうが

 

高知県産の黄金生姜を特許出願製法で醗酵させたものを使用しています。

 

ショウガオールが多く含まれ、高い抗酸化力を持っています。

2.黒ジャバラ和歌山産のジャバラ

和歌山県北山村のジャバラは「邪気を払う」が語源となった柑橘類です。

ジャバラを発酵させたことで、抗酸化作用や抗アレルギー作用が向上した非常に希少な食べ物です。

3.ニュージーランド産の黒スグリ(カシス)カシス

4種類ものアントシアニン(ポリフェノール)を含む、非常に抗酸化作用の高いフルーツです。

4.黒大豆きなこ
黒大豆
多くのポリフェノールを含み、強力な抗酸化作用があります。

また、内臓脂肪の蓄積を抑制し、燃やす力にすぐれています。

5.黒酢
黒酢
鹿児島県福山町で伝統製法で作られた黒酢は、長い時間をかけて醗酵、熟成させて作られます。

血液サラサラ効果、疲労回復、抗酸化作用、脂肪燃焼作用、便秘改善などなどの作用があります。

6.黒にんにく黒にんにく

青森県産の最高級のにんにくを普通の黒にんにくよりも、さらに長期間熟成させて作りました。

抗酸化力が極めて高く、持久力UPや代謝UPが望めます。

7.黒高麗人参
黒高麗人参
高麗人参を蒸して熟成させる工程を9回も繰り返すこと

で作られます。

元々の活力成分が増加し、抗酸化作用を始め、代謝を上げる働きなどが高くなっています。

8.黒はちみつ
黒はちみつ
はちみつを発酵させたものですが、発酵菌そのものも花から採取したものを使用しています。

はちみつは、発酵させることで抗酸化力が280倍も増す黒はちみつになります。

9.黒チアシード

南米産、無農薬の黒チアシードを使用しています。黒チアシード

善玉菌を増やします。

抗酸化力に優れたポリフェノールを多く含みます。

お腹の中で約10倍にも膨らむので、腹持ちの良さをもたらします。

KUROJIRU 栄養たっぷり美味しいチャコールクレンズはこちら

 

黒汁 2種類の乳酸菌

FABIUSの黒汁にはスマート乳酸菌とEF-2001の2種類の乳酸菌が使われています。

スマート乳酸菌

スマート乳酸菌は、キムチ由来の乳酸菌でダイエット効果があると注目されている乳酸菌です。

EF-2001乳酸菌

EF-2001乳酸菌は、別名免疫乳酸菌と言われるほどで1gに7.5兆個もの乳酸菌を含みます。

胃酸に負けず腸いて、その実力を遺憾なく発揮します。

黒汁には、非常に高価なEF-2001乳酸菌をヨーグルト10個分も配合しています。

黒汁 250種類もの酵素

一口に酵素と言っても、種類は無数にあります。

黒汁にはオレンジやパイナップル、バナナ、りんご、マンゴー、スターフルーツ、アサイーなどなどのフルーツ。

チコリやごぼう、赤カブ、アスパラガス、ケール、イチョウ葉、ウコン、オオバコ、大麦若葉などなどの野菜。

ローズマリーやシナモン、レモングラス、スギナ、クローブなどなどのハーブ類。

小豆やひよこ豆、えんどう豆、ハトムギ、いんげん豆、ハッショウマメなどなどの豆類、

カシューナッツやパラ・ナッツ、ポップコーンなどなどのナッツ類

しめじやえのえのき茸などのきのこ類

もずく、青さ、あかさ、昆布、ノリ、ひじきなどなどの海藻類

書ききれませんが250種類もの発酵酵素が配合されています。

FABIUSの黒汁の箱には、これらの野菜や果物、スパイスなどがデザインされています。

KUROJIRU 酵素たっぷりのチャコールクレンズはこちら

 

黒汁 難消化性デキストリン

トウモロコシのデンプンから作られる食物繊維で、消費者庁から「トクホ」関連の成分として認可されています。

黒汁はトクホにはなっていませんが、スーパーやドラッグストアに並ぶ「トクホ」の中には、通常の飲料に難消化性デキストリンを加えただけのものもあるほどです。

黒汁 こだわりの味

黒汁の味は、住谷杏奈さんがこだわり抜いたそうです。

今までのチャコールクレンズは、炭そのものだったので、味はないのが普通でした。

味がない上に、シャリシャリしたり、炭の臭いがしたりすると飲みにくいですよね?

そこで、住谷杏奈さんはいろんな味を試すのですが、よくスムージーに使われる甘味料は不自然な甘さなので黒汁には向きません。

結局、本物の甘みということで、ホンの少しの黒糖を使っています。

さらに、玄米を合わせることで香ばしさが加わりました。

香ばしさと自然の甘みは粉末をそのまま舐めてみても、とても美味しいと感じる味です。

ダイエットだから、デトックスだからと我慢していたのでは長続きはしません。

黒汁はそのまま飲んでも美味しいと感じるように作られています。

味も香りも非常に自然で控えめなので飽きることもありませんし、いろんな飲み物や料理に混ぜても違和感がありません。

KUROJIRU美味しいチャコールクレンズはこちら

黒汁(KUROJIRU)の詳細はこちら

 

\ SNSでシェアしよう! /

FABIUSCafeファンの注目記事を受け取ろう

黒汁(KUROJIRU・クロジル)の原料

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FABIUSCafeファンの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • 住谷杏奈さん、お誕生日おめでとうございます!

  • ファビウス(FABIUS)がアイケア商品詰め合わせ福袋プレゼント中!

  • 1杯飲んだらもう一杯プレゼント中!ファビウスカフェのクリスマスキャンペーン

  • めざましテレビでFABIUSCafe(ファビウスカフェ)が紹介された!

関連記事

  • 黒汁を飲むタイミングは?黒汁はいつ飲むのがいいの?

  • 黒汁の最安値販売店はどこ?楽天、Amazon、Yahoo激安で買えるのは?

  • クロジル(KUROJIRU 黒汁)で美味しくチャコールクレンズ

  • 黒汁が届きました!国産のチャコールクレンズでダイエット!

  • 住谷杏奈さん、お誕生日おめでとうございます!

  • チコちゃんに叱られる!で河北麻友子が言っていた流行っているものとは